高層のShooting Star

「高層のShooting Star」
2009年3月1日・サイト初出

ロックマン絵をサイトで発表する前
メガミックスのクイックマンに関する設定資料にあった
「自らが光速に近づく」という記述を見たあとで、偶然耳にした
島谷ひとみの「Perceus - ペルセウス -」を聴いて浮かんだ
夜の高層ビル街を駆け抜けるクイックの周囲を
灯りが流星のように通り過ぎてゆくイメージ。

それから数年、再び起こった「好き」を表現することへの
己の迷いを吹っ切るため、改めてここに描きおこします。
メガミックス版の寡黙なクールさには遠いけれど
イメージ喚起のきっかけとなった曲のように
元気のいい彼こそが、今の私が描きたい彼です。

次の作品へ  展示室入り口に戻る  目次に戻る 前の作品へ