戦いのときを待つ

「戦いのときを待つ」
2009年1月7日・サイト初出

レイヤーの使い勝手に戸惑いつつ、Pixia慣らしを兼ねて描いた2枚目。
ロック2を始めた頃は、クラッシュマンを好んで描いていたので
当時の気持ちを思い出しながら描きました。
彼には少年っぽいイメージがあるけれど
壊し屋らしい顔も、一度は描いてみたいですね。

次の作品へ  展示室入り口に戻る  目次に戻る 前の作品へ