No regret.

「No regret.」
2005年5月9日・サイト初出 

スパアドはDisk1終盤、ロックをかばいシャドーブレードに倒れてしまった
クイックのエピソードを抜きには語れないでしょう。
このエピソードについては、ツッコミどころも含めて
思うことが本当に多いのですが
一言で言い表すとすれば「後悔しない」でしょうか。

裏切り者のそしりを受けることになっても
ロックに真実と未来を託した、己の行いに悔いを残したくない。
その行く手に何があっても、己が越えたいと思う
ライバルと認めたロックには、悔いなく戦ってほしい。

悲しくも何故か希望を感じさせる、このふたりの姿に
ライトナンバーズとワイリーナンバーズを越えて
固い友情が生まれた、後のエックスとゼロを
連想せずにいられないのは、私だけでしょうか。

それにしても……ロックを泣かせるクイックって、ある意味罪なヤツだね。

次の作品へ 展示室入り口に戻る  目次に戻る 前の作品へ