はーべすと・すぱーく

はーべすと・すぱーく
2013年8月26日・サイト初出 参考CD:ZABADAK「Decade」

雷を「稲妻」と呼ぶ そのわけは。

「雷の多い年は豊作になる」という、古くからの伝承が
近年、科学的に解明されている……という話を
去年の春あたりに聞いてから、ずっと描いてみたかったもの。

なんでも、雷のエネルギーで大気中の窒素が分解され
その窒素化合物が雨水と合わさると
植物の栄養となる「硝酸」になるらしい。

タイトルは、ZABADAKの曲で一番お気に入りの
「Harvest Rain 〜 豊穣の雨」が元ネタ。あえてひらがな表記。

はーべすと・すぱーくのつづき

……で、その数十分後。

作業中に故障した発電機のかわりに
電動耕うん機を作動させるという
別の方向での「作物つくりのお手伝い」を
することになるが、気にしない(笑)。
お礼は、採れたてのおなす。

次の作品へ 展示室入り口に戻る 目次に戻る 前の作品へ