90年ぶりの7月24日

「90年ぶりの7月24日」
2017年7月24日・サイト初出

あの雨の夜、もう二度と迎えることはないと思ってた夏の朝。

昇りつつある朝日に、目覚めはじめた生命と同じく
僕の今生にも、少しは明るい光が見えてくるかな?

今年の酷暑にへばりつつ
「人体星月夜II」(PINK)「Summer」(「菊次郎の夏」より)
「夏影 - Summer lights -」(「AIR」より)と
夏の朝に合う爽やかな曲を、たくさん聴いてたら
河童忌が近いことにふと気づき
90年ぶりに、この日の朝を迎えた
龍之介さんの姿を、無性に描きたくなった。
しばる前の髪型も、いっぺん描いてみたかったの。

でも、この日のもうひとりの主役は黙っていないでしょう。

河童忌に愛あるおしおきを。

龍之介……この谷崎潤一郎が
はじめて生を受けた喜ぶべき日を
よくも悲しみの涙で曇らせてくれましたね。

……今宵は寝かせませんよ、覚悟はいいですね?

実を言うと、今日アップする絵は最初
この「愛あるおしおき絵」のみにするはずだったのさ。
今生でも良き友人、良き論客でいてね!

展示室入り口に戻る 目次に戻る  前の作品へ